勝利で全ショップポイント2倍!今すぐエントリー!

2016年09月12日

循環取引

日本円・英ポンド・ユーロ・米ドル
四種類の国際決済通貨で循環取引

買いでも売りでも・順序はどうでも、「AでBを買って
・BでCを買って・CでDを買って・DでAを買う」。


同じく国際決済通貨にスイスフランもあるけれど、20
15年1月に相場が急変したことも記憶に新しく。国際
決済通貨の中では取引量が相対的に少ないようで、投機
筋の価格操作というリスクがありそうで避けることにし
ます。

高金利通貨の買い建て一本槍でそれなりに稼いでこれた
けれど、一本槍だと今のような円高はあまり安心してい
られません。


その点、循環取引なら「どれかが上がることは、反対側
を見れば下がること」であり。

為替の数字は人の欲望によって常に動かされるもの。
そこから小銭を拾い集めていこうと。

大きく稼ぐことはできなさそうだけれど、手堅く稼いで
いけそうな手ごたえを感じています。
posted by moya at 00:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

資産所得と銀行評価と個人の弱さ

資産所得で資本を増やし、不動産投資で資産を増やし、
キャッシュフローの数字を得て行こうと…。

まず一棟目から着実にキャッシュフローを得て、所得の
数字を増やして、二棟目・三棟目には融資へつなげてい
こうと目論んでいたのですが。


基本的に銀行評価は所得=給与所得だったのですね。


キャッシュフローがどれほどあっても、金融資産からの
所得がどれほどあっても、どうやらそれは評価されない
(評価しない金融機関が多い)ようです。


結局…そんな状況でも銀行から融資を得るためには、融
資を考える金額と同等の金融資産・現金を持つ必要があ
りそうです。


法人との関連をもたない個人の弱さ。こういう時に強く
感じます。
(ーー;
posted by moya at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

「商品先物取引と(現物)株式とFX」と「インカムゲインとキャピタルゲイン」と「機関投資家と個人投資家」

商品先物取引なら、限月があるので待つにも限度があり
ます。

(現物)株式なら限月はないけれど、値上がりを期待し
て買ったけれど値下がりしてしまったり。そうして値上
がりを待っている期間は塩漬けと呼ばれる状況であり。
(配当が出されれば塩漬けでもまだ…とは思いますが、
そんな状況の株式なら無配当のことが多く、出されても
微々たるもの)
その期間は死に金と呼べる状況なわけで。



そこでFX。

限月はないし、通貨と取引を選べば配当金のようなスワ
ップポイントが毎日(!)入ってくるし。
まるでインカムゲインとキャピタルゲインのいいとこど
りみたいですね☆



機関投資家などであるならそうして待つことは許されま
せん。

しかし、個人投資家であるなら自分で納得できる時をひ
たすら待つこともできます。



相場・金融取引には違いないのでやけどをする恐れもあ
りますが、その利点を生かさないのはもったいないよう
にも思います☆☆☆
posted by moya at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする