勝利で全ショップポイント2倍!今すぐエントリー!

2018年04月15日

「消費税19%」と「税制と格差社会」と「欲深い人間の意思」

来年に予定されている消費税率10%への引き上げ。

3%から5%を経て、現在8%から10%へと引き上げ
られ。

しかしそれもまだ道半ばなことのようです。


朝日新聞デジタル
「消費税19%に」 OECD事務総長、麻生氏に提言

moyayoの日記
消費増税


治世・政治、そこの税制にひとつの正解があるものでは
ありませんが。


税制の三大柱、所得・消費・資産。


所得・資産・そして法人、それらを差し置いて消費から
の税収を目論むのって、格差社会の拡大を目論んでいる
ように見えて仕方がありません。


社会の一員としての責任・自覚・啓発のためにも、消費
税とはその一助になりそうでもありますが。


それならば二割にも届こうかという消費税など、明らか
な有意の選択である気がします。


自覚啓発だけでは済まない、底なしに欲深い人間の意思。
posted by moya at 12:11| Comment(0) | 世界・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: