勝利で全ショップポイント2倍!今すぐエントリー!

2016年04月08日

マイナス金利と欲望と評価と東洋経済

言えば公を考えたマインド改善を狙ったものであるマイ
ナス金利。

個人の利益・欲望と相容れないものであるのはわかって
いたこと。


滅私奉公とまでは言わなくとも、もっと公を考えてほし
い…そんな思いすら汲み取られず。

残念ながら、人は自らに甘いもの。


その時には不評でありリコール・退陣・失脚させられた
治世者がのち・後世に評価を上げることがあります。

今その評価を求めるのは無理なのかもしれません。

東洋経済
個人投資家にも、マイナス金利は不評だった
posted by moya at 07:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: